第十回Tetsu Champion Ship ~Unlimited Card Works~  個人戦大会レポート (12/29 内容訂正しました。) - 福岡のカードショップ・トレカ王ブログ

福岡のカードショップ・トレカ王ブログ ホーム » お知らせ・雑記等 » 第十回Tetsu Champion Ship ~Unlimited Card Works~  個人戦大会レポート (12/29 内容訂正しました。)

第十回Tetsu Champion Ship ~Unlimited Card Works~  個人戦大会レポート (12/29 内容訂正しました。)



みなさんこんにちは
トレカ王スタッフ けーです。
今回は12月25日(日曜日)に開催された
第十回Tetsu Champion Ship ~Unlimited Card Works~
に参加したのでそのことを記事にまとめました。

IMG_6326.jpg





今回の大会はトレカ王の常連さん僕含めて五人出場しました。


IMG_6325.jpg

席についた際に対戦シートと参加賞がありました!

FullSizeR (2)

浮鵺城と重装機甲パンツァードラゴンはパックを開封して出た2枚です!





今回僕が使用したデッキが
WW(ウィンドウィッチ)とE・HEROアナザーネオスをメインとしたHERO(以降:ヒロビとも表記)を合わせた

【WWHERO】です。

FullSizeR (1)
FullSizeR_20161226115627e82.jpg


20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE

E・HERO オネスティ・ネオスのHERO強化がとてもうれしかったので使ってみました。

klllllllll111118156_th



★E・HERO オネスティ・ネオス★
効果モンスター・☆7・光・戦士族  2500/2000
「E・HERO オネスティ・ネオス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨て、フィールドの「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2500アップする。
(2):手札から「HERO」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、捨てたモンスターの攻撃力分アップする。




★E・HERO アナザー・ネオス★
デュアル・効果モンスター・☆4・光・戦士族  1900/1300
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「E・HERO ネオス」として扱う。




★クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン★
シンクロ・効果モンスター・☆8・風・ドラゴン族  3000/2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。





●WWとヒロビを合わせた理由

76801396 (2)



WWとヒロビこの二つを合わせた理由は2つあって1つは
クリスタルウィングシンクロドラゴンを使いたい!ヒロビを大会に出したい!という
純粋にその『カード』を使いたいという欲求。



もう1つはヒロビを合わせる構築段階での葛藤がありました。(下記の内容参照)
アナザーネオスのお供カード『デュアルスパーク』をうまく使うにはどうすれば良いかを考えていました。


49028926.jpg



★デュアルスパーク★
速攻魔法・自分フィールド上に表側表示で存在するレベル4のデュアルモンスター1体をリリースし、フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。




また、2016年12月の環境ですと『十二獣』が環境トップ
その汎用性の高さはあらゆるデッキに搭載できる器用さが目立ちます。

もし『十二獣』相手に先行を譲ってしまうと『十二獣ドランシア』が場にいることは
容易に想定できます。


108275093.jpg


★十二獣ドランシア★
エクシーズ・効果モンスター・ランク4・地・獣戦士族 ?/?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。




なのでこのモンスターを掻い潜って盤面を維持したいなと思い
特殊召喚が可能で強力なシンクロモンスターへつなげられる『WWアイス・ベル』を採用しました。


108275024 (1)



★WW‐アイス・ベル★
効果モンスター・レベル3・風・魔法使い族 1000/1000
「WW-アイス・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果でデッキから特殊召喚したモンスターはリリースできず、この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。



『デュアルスパーク』を手札に握っていれば相手の場にいるモンスターに
攻撃した際に『十二獣ドランシア』の効果を使われてもあいての場のカード1枚破壊
しつつ1ドローと、場にモンスターがいない状態から
『WWスノウ・ベル』へとつなげられるので良いなと感じました。


また、『WW』を採用することから先行では
『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』を立てる事を意識できますし
後攻ではシンクロモンスターを場に出すかヒロビを場に出すかの
選択肢ができ召喚権もかぶりにくいので採用しました。





●ヒロビと組み合わせた過程について


今回アナザーネオスを使う上で何を合わせるかでデッキ構築の試行錯誤がありました。候補として

『召喚師アレイスター』と『召喚魔術』と『E・HERO プリズマー』を入れた召喚獣ヒロビ

怪獣モンスターを取り入れた壊獣ヒロビ

罠(相手を妨害するカード)をがっつり入れた罠ヒロビ(メタビ)

の3つがありました。

yykkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk76801396 (1)

『E・HERO プリズマー』を採用してかつ『召喚士アレイスター2枚』と『召喚魔術3枚』入れてまわしました。

drtdrfh109721168 (1)



★E・HERO プリズマー★
効果モンスター・レベル4・光・戦士族 1700/1100
1ターンに1度、エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから墓地へ送って発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはこの効果を発動するために墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。





★召喚師アレイスター★
効果モンスター・レベル4・闇・魔法使い族 1000/1800
(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。




★召喚魔術★
通常魔法・「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。




★召喚獣メルカバー★
融合・効果モンスター・レベル9・光・機械族 2500/2100
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし除外する。




『E・HERO プリズマー』の良さは『召喚師アレイスター』を墓地におくる事で
『召喚魔術』と『HEROサーチカード』から召喚獣を融合召喚できるので採用しました。

プリズマーが光属性なので召喚獣で1番優秀な『召喚獣メルカバー』に繋げれる点も使いやすい1枚です。


また、『召喚魔術』は手札のみ融合でしたら召喚獣以外のモンスターを融合召喚できるので
HEROとも相性がいいカードなので3枚採用してもいい使い心地でした。


なぜこのデッキを採用しなかったと言いますと
『HEROモンスター』と『召喚師アレイスター』の召喚権がだぶついたり
『ミラクルフュージョン』と『召喚魔術』で『次元障壁』や『アーティファクト-ロンギヌス』に弱い点で採用しませんでした。



104510214 (1)



★ミラクル・フュージョン★
通常魔法・自分のフィールド・墓地から、「E・HERO」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。




★次元障壁★
通常罠・「次元障壁」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いに宣言した種類のモンスターを特殊召喚できず、フィールドの宣言した種類のモンスターの効果は無効化される。




★アーティファクト-ロンギヌス★
効果モンスター・レベル5・光・天使族 1700/2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):手札または自分フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。
この効果は相手ターンにのみ発動できる。




kjjjjjjjjj76801396 (1)


『スキルドレイン』と相性いいですし、相手の先行でモンスターで制圧された場合を
『妨げられた壊獣の眠り』1枚で返せるケースがあるのでとても良いなと思いました。


107211829 (1)



★妨げられた壊獣の眠り★
通常魔法・「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。




ですが先行でする事が自分で思いつかなかったので採用をあきらめました。


ytyyadad



流行の十二獣や召喚獣に強い『スキルドレイン』や
ペンデュラムに強い『魔封じの芳香』を取り入れた罠ヒロビは強いと思いました。




84925296 (1)



★スキルドレイン★
永続罠・1000LPを払ってこのカードを発動できる。
このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。




★魔封じの芳香★
永続罠・このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。




ですが考えが足りなかったので採用できなかったですし
現在(12月26日)ほど追及してなかったので
この罠ヒロビに関しては現在一番使いたいヒロビのひとつ
なので次に使う可能性が高いデッキです。


デッキ構築を考えてる当時にこの考えがなかったのがとても悔しいです。



●デッキ構築(WWHERO)の戦績から~

正直戦績があまり良いとは言えませんでした…


理由としてお見苦しいとは思いますが手札にHEROサーチカードや
HEROモンスターが固まってくるや
召喚権がだぶつく『HEROモンスター』と
『WWグラスベル』がきて選択肢の幅が狭い手札
というケースが多かったです。

ですがそれはただの言い訳にしかなりません。
下記の内容で反省点・改善策を書かせていただきます。


108275024 (1)



★WW-グラス・ベル★
効果モンスター・レベル4・風・魔法使い族 1500/1500
「WW-グラス・ベル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「WW-グラス・ベル」以外の「WW」モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。





●WWHEROのデッキ構築の改善点

WWと合わせかつHEROモンスターを手札で腐らせない点で
『アナザーネオス』の採用枚数を減らすや他のギミックで
特殊召喚できるモンスターや魔法カード
手札が整うまでに相手の動きを妨害する系統の罠
をもう少し足してみてもよかったのかもしれません。

このデッキ構築の点では僕のデッキを回してない回数や経験が
手札事故=デッキ構築の不十分さが分かりました。





●デッキの感想
今回の戦績はあまり良いものではなく苦しい気持ちにもなりましたが
久しぶりにヒロビで大会出れたことや好きなモンスターカード
『クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン』を使えたのである意味気持ちがスッキリしました。
ですが大会ですので勝ちたい精神があるので次はもっとプレイングを磨きヒロビに対してのデッキ構築を練り直して
また挑戦しようと思います!

  にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ ←ランキングに参加しています!クリック応援お願いします!
カードショップトレカ王 http://torekaoh.jp/
092-691-2355